虫歯や歯周病の治療について「歯を削らない」「歯を残す」治療を心掛けています。

general

一般歯科

痛みの少ない治療を

「一般歯科」とは、虫歯や歯周病についての歯の病気全般の治療のことを言います。今伊勢歯科では、

を削らない」「を残す」治療を心掛けています。

身体面でも費用面でも、患者さまに負担がかからないよう細心の注意を払い、治療を行っております。

「痛みの少ない治療」として、以下のポイントには特に配慮しています。

虫歯検査

歯面をキズつけることなく、正確な虫歯検査ができる「レーザーカリエス診断器」 を採用しています。

麻酔

「針の刺入時の痛み」と「注射液注入時の圧力」を最小限に抑えるため、「細い注射針」 を用い、一定の速さと力で薬液を注入できる「電動注射器」 をしています。また、注射針の痛みを感じにくい角度から刺入する等、工夫を凝らしております。

麻酔

レーザー治療

歯周疾患、口内炎、メラニン色素沈着への処置など、さまざまな症例に対応できる最先端の「歯科用レーザー治療器」を配備し、殺菌効果が高く副作用の心配のない治療を可能にしています。

当院では患者さまの口腔内環境に合わせて、あらゆるご要望にお応えいたします。
最初に治療方針についてキチンと説明させていただき、患者さまのご了解をいただいた上で治療を進める、「インフォームド・コンセント」を心掛けております。
ご不明な点がございましたら、どんなことでも結構ですので、ご質問ください。

歯周病について

歯周病は全身疾患にも影響します

歯周病は、単に口の中だけの問題にとどまらず、全身の健康状態にも影響を及ぼします。糖尿病や動脈硬化、早産、肺炎など、さまざまな病気にも関係してきますので、注意が必要です。

歯周病を防ぐには

歯周病を進行させないために、まずはお口の中から歯周病菌を減らすことです。
歯周病の原因はプラーク(歯垢)という細菌のかたまりです。プラークはたった2日で、唾液の中のミネラルと結びついて、歯石になってしまいます。これを定期的なケアによって、取り除いていくことが大切になります。

歯科医院での定期的な歯のお手入れが歯周病を防ぎます

定期的な歯のお手入れにより歯周病を防ぐことができます。
定期的に歯周病菌が棲息するプラークや歯石を取り除き、歯周病菌が繁殖しやすい歯周ポケットのクリーニング、正しい歯のブラッシング法を知ることによって、歯周病を予防していくことができます。

親知らずについて

親知らずについて

親知らずとは思春期以降に生えてくる歯ですが、そのほとんどがまっすぐ生えてきません。たとえまっすぐ生えていても親知らずの一部しか見えていなかったり、斜めや水平に生える等、生え方に問題がある場合、トラブルが起こる可能性が高くなるため早めの抜歯をおすすめしております。
痛みや腫れを伴うことがある以外にも、手前の歯との間に食べかすやプラークが溜まりやすく、歯ブラシも届きにくいため、虫歯や歯周病が起こりやすくなります。
親知らずによって、「歯ぐきの腫れを引き起こす」「かみ合せ・歯並びが悪くなる」という危険性もあります。親知らずでご心配な方は一度ご相談ください。

※まっすぐ生えていて上下の歯がきちんと噛み合っており、痛みや腫れがなければ、抜歯の必要はありません。

義歯(入れ歯)について

義歯治療では「保険適応義歯」と「ノンクラスプデンチャー」を採用しています。

「ノンクラスプデンチャー」とは、従来の入れ歯のように金属のばねを使ったものではなく、ピンク色の部分だけで支える審美義歯(見た目の良い目立たない入れ歯)のことです。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーの費用

1~3本の場合 ¥70,000(税別)
4~8本の場合 ¥100,000(税別)
両側にまたがる場合 ¥120,000(税別)

予防歯科について

予防歯科とは、虫歯などの問題が起きてから対処する治療ではなく、重大な問題が起こる前に予防し、管理する対策治療ことです。

歯石除去

スケーラーという機械を使って、普段の歯磨きでは取り除けない歯石や汚れを除去します。
歯茎の腫れを治してからおこなうと、痛みが少なく済みます。

プロによる歯のメンテナンス 「PMTC」

単に全ての歯に対して汚れの洗浄をおこなうだけでなく、虫歯にならない口内環境を維持するため、リスクのある歯に対し、適切な予防処置を施します。
定期的に検診を受け、理想的な口内環境を維持し、歯周病を防ぎましょう。

PMTC
Page Top